オンラインカジノについて

オンラインカジノは違法なのか?

オンラインカジノで遊ぶ上で一番気になる事、それは、違法ではないのかということです。
日本には賭博法という法律が存在し、お金を賭けたいわゆるギャンブルは取り締まりの対象になるからです。

実際過去に逮捕された事例もあり、心配に思う方も多いのではないでしょうか?

「オンラインカジノは知っているけど、逮捕されたくないからやらない」
ギャンブル好きの間でも、こう考える人が圧倒的に多いのが実情です。

では、実際のところはどうなのか?
実は、完全に違法とは言えないというのが本当のところなんです。

ではなぜそう言えるのか?
それは、現在の法律にオンラインカジノを取り締まる法律がないからです。

オンラインカジノを取り締まる法律

単純賭博罪
刑法第185条 賭博をした者は、五十万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。

常習賭博罪
刑法第186条 常習として賭博をした者は、三年以下の懲役に処する

賭博開帳図利罪
刑法第186条2項 賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、三月以上五年以下の懲役に処する。

こちらは、いわゆる賭博罪の本文です。
これとは別に富くじに関する法律もあるんですが、ここでは関係ないので割愛します。

この賭博罪に関する法律、実は明治時代にできたもので、かなり古い法律なんです。
当然ですが、当時オンラインカジノなんてあるはずもなく、オンラインカジノに関しての記述は一切ありません。

そもそも、オンラインカジノの主催者は海外の企業であり、日本とは一切関係ありません。
そこで遊ぶことは海外のカジノで遊ぶことになり、国内で遊んでいるわけではありません。

そこで問題となるのが賭博罪です。
賭博罪はあくまで国内の胴元、主催者に対しての法律であり、海外の企業を対象とはしていないんです。

そのため、現在の賭博法で海外のオンラインカジノ業者を取り締まることはできません。
それに対して遊んでいるのは日本にいる人間なわけですが、先述の通り、賭博法は胴元を取り締まることを前提としており、海外の胴元で遊ぶのは日本という状況では、非常に曖昧な状態といわざるをえません。

また、海外のカジノを日本にいながら遊ぶという事自体想定しておらず、法律自体が追いついていない状態です。
とはいえ、完全に合法というわけではなく、堂々と遊べるというわけではないため、よくグレーゾーンと言われています。

グレーゾーンというと微妙な感じではありますが、最近オンラインカジノで検挙されたという事案は出ていません。
2016年に3件逮捕事案があるんですが、単純に遊んだからというものではなく、かなり特殊な事案です。

オンラインカジノでの逮捕事案

2016年、オンラインカジノでの逮捕となった事件が3件起きています。
1件は決済サービスとその利用者、1件は国内のオンラインカジノ運営者、1件は日本人専用のライブカジノ利用者です。

どれも特殊な事案であり、普通に遊んでいて逮捕という方はいません。
実際Youtubeに多くのプレイヤーが動画をアップしていますが、逮捕されません。

毎日多くの方が遊んでいますが、その中にも逮捕者はいません。
やはり胴元を逮捕することはあっても、利用者を直接ということはないようです。

とはいえ、あまり目立ったようなことをしたり、国内の決済サービスを利用したりすると逮捕される可能性があるので、注意は必要です。
また、稼いでいながら申告をしないでいると、脱税での逮捕という可能性もあります。

オンラインカジノでの儲けは、年間50万円以上は一時所得として申告が必要です。
必ず確定申告で申告をし、税金を払っておいてください。

国会での答弁で明言

実は、令和2年に時の阿部総理大臣が国会でオンラインカジノについて答弁を行っているんです。

この際、オンラインカジノの現状と今後に関して質問がされています。
詳細な内容は割愛しますが、プレイヤー側としては非常に興味深い内容でした。

要約すると、「オンラインカジノに対して現在の賭博法を改正する予定はない」という事が語られています。
また、今後合法化するかどうかに関しては、明言を避けています。

すでにIR法案が可決されており、日本でもカジノが合法化されることによるものだと思いますが、非常に展望は明るいと言えるのではないでしょうか?
オンラインカジノの現状を把握した状態で、今後法律を改正して取り締まる予定はないということですので。

とはいえお墨付きをという事でもありませんし、動向には注視する必要はあります。

今後はどうなるのか?

オンラインカジノの今後についてですが、カジノ合法化前後にどうなるかだと思います。
国もバカではありませんので、カジノで得られる莫大な税収を見過ごすはずがありません。

オンラインカジノも同じで、現在海外に流れているお金を国内に流してもらうためにも、国内でのオンラインカジノを解禁するのではないかと考えています。
もちろんそんな話は現状ではありませんので、雲をつかむような話ではあります。

とはいえ、カジノが合法化するのは確定済みです。
今後に期待は持てるのではないでしょうか?

現在は要注意

とりあえず、現状はあくまでグレーゾーンですので、注意は必要です。
あまり大っぴらにオンラインカジノで稼いでいるなどは言わないほうが無難です。

サイトによっては「合法」とか「グレーだけど問題ない」とか書いているところもありますが、当サイトでは「注意が必要」と書かせて頂きます。
なぜなら、警察やその他関係機関が諦めているわけではないからです。

積極的に取り締まることはないようですが、個人が遊んでいる内容を把握することはできませんので、そこはこっそり遊んでいれば問題ありません。